人と技術と物作り

News for the People in Japanの賛助会員へ

震災報道を通じて日本のジャーナリズムを見ていると、あまりにも操作されていることを
改めて感じます。

アメリカ、ドイツ、フランスのニュース記事を最近では読むようにしているんですが、
日本では報じられないことが、普通に流れています。

そんな憤りを感じる中で、1つの団体を知りました。

News for the People in Japanです。
http://www.news-pj.net/


スポンサー、政府などにとらわれないジャーナリズムをインターネットをフル活用して広めていこうと
しています。

今回賛助会員になりました。

ここのサイトに登録した際、東電の記者会見をUstreamで放送していることを知りました。
見て、記者クラブ記者とフリーのジャーナリストの違いにびっくりしました。

参考)http://www.ustream.tv/recorded/13775234#utm_campaigne=synclickback&source=http://iwakamiyasumi.com/archives/8023&medium=13775234

微力ながら、私も公正なジャーナリズムというものに貢献していきたいと思います。

青木先生と技術交換

先日、青木治療室の青木先生から電話があった。

WindowsXPのサービスパック更新、AdobeReaderのアンインストールの
関係からか、Adobe Webサイト上でのAdobe Reader 、Flash Playerのインストールが
出来なくなっていました。

とりあえず、インストール用のファイルを直接ダウンロードして、その後インストールで解決。

お礼に腰の歪みを取ってもらいました。
おかげで徹夜続きで弱った体も、しっくり来るようになって来ました。
治療した日だけでなく、日に日に安定してくるのが、青木先生の治療の特徴です。

腰は体の要と書きますもんね。

お金のやり取りでない、こういうサービスの交換みたいな感じのお付き合いっていいもんです。

外国人からの励まし(mixi引用)

私の古い知人で、ビリヤードの女性プロ(北山 亜紀子プロ)が、
mixiの日記の中で、こんな暖かいニュースを伝えてくれています。
北山プロ自身、とても素晴らしい人格の方です。

こういうの、テレビで流して欲しいですね。
-------------------------------------------
試合でたまたま台湾に来ています。

こちらでも大震災への関心は高く、
いくつもあるニュース専用チャンネルは一日中
関連ニュースを流しています。

続きを読む...

ボランティア (東京都メンタルフレンド)

NZ地震のボランティアは今は無理だなと思いつつ、

学生時代にやっていたボランティアを思い出しました。

メンタルフレンドというもので、児童相談所、児童相談センターの

紹介で、不登校児のいる家庭や児童相談所を訪問するもの。

平成3年に開始され、私は学部の3年から活動してました。

対象年齢について18歳~30歳という制限があるのですが、

当時聞いた理由を書いておきます。

もともとは家庭訪問は児童相談所、児童相談センターの方が行なう

ものですが、親と同じかそれ以上の年配の方が行っても、子供は相手

してくれないんですね。若い人の方が近い立場で接することができる。

そういう理由で年齢制限をしていると聞きました。

最初は、「あんたらの努力が足りないんじゃない?」とか思って反発して

みたんですが、実際やってみると苦労が分かりました。

なかなか顔を合わせてもらえず、何回か行ってようやく部屋に入れて

もらって、暫くファミコンで遊ぶ日々が続き、時に行ったら本体が壊れてる。

ひやひやしながら直してみると、うっかり直って二人で大喜び。

そんなこんなで1年半くらい通う中で、若気の至りでお母さんに説教して

みたり、今思えば心理学者とは思えない対応をしてたような(^^;

途中で良い塾の先生と出会って、勉強に励むようになり、最終的には

東京の大学に進学して行きました。

他に3人ほど一緒に遊んだりしましたが、人生色々です。

20年前は丁度「登校拒否」から「不登校」へと変わった時代。

不登校児の数が増え、課題視されて行った頃です。

今の世の中、更に核家族が増え、家に篭り易い環境が整えられ、

でもネットの中で案外逞しく成長してたり。

できれば家族という輪を超えた、中を見渡せる人のいる

コミュニケーションの場が増えて行くといいなと思ってます。

10年もすれば、じいちゃんばあちゃんがネットで子育てや

育児について答えるサイトなんかが沢山出来てる気がします。

そういうものも提供できたらいいなと考えてます。

NZ地震について

昨年9月に続くクライストチャーチの地震ですが、

今回は相当甚大な被害となりました。

5年程前に1度行ったことがあるんですが、当時仕事やら何やらで

相当ストレスを溜めていた時に、凄く癒された土地です。

30半ばにして初海外旅行で、時期外れの雪景色を楽しんだかと

思ったら、翌日は大きな虹を見たり。人もとても親切でした。

わけあって、当時の写真を失ってしまい、またこの目で見たいなと

思っていた記憶の中の景色が、ニュースの映像で無残にも崩れて

しまっているのはとても心苦しいです。

こういう時に直接何もできず、何か自分の小ささを感じてます。

大金を寄付するとかそういうのでなく、思ったときに自分のしたい行動が

できる。そうなりたいと感じました。

わずかながらでも、コンビニ等で募金箱を見かけたら、寄付して行こうと

思います。

 

確定申告

今年も確定申告の時期となりました。

毎年やよいの青色会計を使って税務データを作ってますが、

出力用のモジュールだのために毎年9000円近く出費するのは

もったいないですね。

一番入力が大変なのが、平日分の交通費でした。

外のプロジェクトに出ていた時は、おおよそ毎年同じ仕訳データになるんですが、

それを毎年入力するのは大変。

特に交通費。200日分以上入力する必要が出て来ます。

昨年、一昨年は仕訳がほぼ変わらなかったので、繰越処理の直後に、

仕訳日記帳をエクスポートして、交通費の部分だけ抜粋して年を「2009」から「2010」

へと一括置換して、エクセルで2010年平日のみのデータに編集した後にインポート

するということで対応しました。

200日分の入力が5分で済みます。

ただし、繰越データ、預金に絡むようなデータはインポートしてしまうとデータの

修正が大変なので、あくまでも単純な交通費に絞って作業してます。

 

これから税務署に行ってきます。

昨晩の土砂降りがやんでてよかったですlaugh

 

サイト内検索

長押しで
スクロール