会員制のサイトで、トップページの広告や会員登録用バナーやメニューを設置している場合、会員さんがログインした後は邪魔に思えるものがあると思います。

Joomla!のユーザ権限に関する設定を追加すると、全てのユーザに公開されるものと、未登録ユーザにだけ表示されるもの(登録ユーザには表示されないもの)を分けることが可能です。

☆Joomla1.6以降に対応した機能です

ここでいうものとは、モジュール、メニュー、記事、およびプラグインです。
検索機能のプラグインを不特定多数向け、会員さん向けなどに使い分けるといったこともできます。

方法ですが、管理画面にて

1)「ユーザ」-「グループ」で、「未登録ユーザ」というグループを追加し、親を「ゲスト」にする。
2)「ユーザ」-「閲覧アクセスレベル」で「未登録ユーザ」というレベル名を新規作成し、 「表示アクセスを持つユーザグループ」の中の「未登録ユーザ」のみをチェック。
3)「ユーザ」- 「閲覧アクセスレベル」でレベル名「Public」をクリック。
4)「表示アクセスを持つユーザグループ」で、「未登録ユーザ」にチェック。

5)「ユーザ」-「ユーザ管理」を開いた右上の「オプション」ボタンクリック。
6) 「コンポーネント」タブの「ゲストユーザグループ」を「未登録ユーザ」にする。

以上で基本設定は完了です。

あとは、ログイン後に隠したい記事、カテゴリー、メニュー、モジュール、プラグインの 各編集画面内で公開レベルを「Public」から「未登録ユーザ」に変更すればOKです。

時間が無くて文字だけの記事になってすみません。。。

※メニュー項目名はJoomla!1.6.4に準拠しています。
※「未登録ユーザ」の名称は何でも構いません。

また、Joomla!1.6以降のユーザ権限の管理では、ユーザグループの階層数に制限がなく、
アクセスレベルの定義も自由に行なうことができるので、会員種別毎に表示させたい記事やメニューを
切り替えたりすることもできます。

どんな人がいて、誰がどんなことができるかを自由に設定できる基本設計が備わってるので、お客さんの要望に対して、柔軟に会員サイトの構築が行なえます。

ちなみに最近、複数会員種別に対してオンライン登録できるサイトを構築しました。
複数種別の会員登録、期限管理をできるコンポーネントとこの機能を組み合わせて、追加コーディングは殆ど
無しに会員制WEBサイトが完成しました。 

 

サイト内検索

長押しで
スクロール