先日 Joomla! 3.6(メジャーリリース扱い)がリリースされ、さっそくこのサイトもバージョンを上げてみました。

本家リリースノートを簡単に訳したのでご参考まで。

見た目で大きな変更はないのですが、モジュールのパフォーマンス改善と、かゆいところに手が届く改善が施されています。

あとは、管理画面を開発する際に、既存フォームの再利用が可能になった点はとても良いかと思います。

 

The Joomla! Project and the Production Leadership Team are proud to announce the release of Joomla! 3.6 as the latest in the 3.x series. 
Joomla! 3.6 introduces more than 400 improvements, including many features which make administration of Joomla! Web sites easier and more feature-rich, as well as many UX (user experience) improvements.

 

 

Joomla!プロジェクトとプロダクションリーダーシップチームは、3.xシリーズ最新のJoomla!3.6のリリースを誇っています。

Joomla! 3.6は、多くのUX(ユーザーエクスペリエンス)改善だけでなく、WEBサイトの管理をより容易に、多機能にする400以上の改良を含みます。

Joomla! 3 is the latest major release of the Joomla! CMS, with 3.6 the seventh standard-term support release in this series. Please note that going from 3.5 to 3.6 is a one-click update and is not a migration. The same is true for any subsequent versions in the 3 series of the CMS.
What's new in Joomla! 3.6

Joomla! 3はJoomla! CMSにおける最新のメジャーリリースですが、3.6では7番目の標準サポート期間(を持つ)リリースです。

3.5から3.6への移行は1クリック更新であり、マイグレーションでないことを留意してください。これは他の(Ver.)3シリーズについても言えることです。

 

Joomla!3の新着情報

 

Here are some highlights of the 3.6 release:
Joomla! Update has been improved and now allows you to reinstall Joomla’s core files at the click of a button, overwriting any modified file(s) and reverting them back to the default.
Joomla! 3.6 contains a lot of UX improvements. Now you can find your modules faster, have tasks done by dropdown, improved user management and so much more...
With the new Sub Form Field function in Joomla! 3.6, we added some extra additional functionality next to Repeatable fields. Now you can nest XML forms inside each other or reuse your existing forms inside your current form.
Create categories on the fly: It can get frustrating when you create a new item, and you realise that you haven’t created a category yet. Joomla! 3.6 now lets you create a category on the fly for articles, contacts, newsfeeds and banners.

 

バージョン3.6の主なハイライト

 

Joomla!アップデートは改善されており、Joomla!のコアファイルの再インストール、修正されたいずれのファイルへの上書き、デフォルトへの戻すことを許しています。

 

Joomla! 3.6は多くのUXの改善を含んでいます。モジュールが高速化し、ドロップダウンだけで済むようになったり、ユーザー管理が改善(※)されたり、他色々です。

 

(※役者補足 複数ユーザーのグループ変更、グループからの削除を一括で行うなど)

 

Joomla! 3.6での新たな"サブフォームフィールド"機能では、"リピータブルフィールド"に次ぐいくつかの拡張追加機能を追加した。今やXMLフォームをそれぞれネストさせたり、現在のフォームの中に既存フォームを再利用することも可能である。

 

(役者補足 開発者向けの話です。管理画面上のフォームフィールドはXMLファイル内で定義することで描画されますが、そのXMLの定義を他のフォームフィールド内で使用できるようになったということだと思います)

 

カテゴリーの一発作成:あなたは新しいアイテムを作成する際、すぐに挫折し、まだカテゴリーを作っていなかったことに気づく。Joomla! 3.6は、記事、コンタクト、ニュースフィード、バナー用のカテゴリーを即座に作成させてくれます。

 

(役者補足 「カテゴリ」選択のプルダウ内で、任意のカテゴリー名を入力すると、その場でカテゴリーが作成されます。

 ※ただし日本語の場合、カテゴリーのエイリアスは2016-xx-xxのような自動生成エイリアスになると思います)

 

Menu type ACL: ACL in the backend did not exist at the menu level, now we have improved that. Give or block certain user groups access to a specific menu, and therefore also all menu items of that menu.
See what's in your menus with All Menu Items: The new option to show all items from all menus gives you a quick overview of what is displayed where on your website. It has never been easier to spot duplicated links, missing menu items or just get an overview of every menu on your site.
And much more... To have a full list of the 3.6 features, please visit our GitHub Repository.

メニュータイプACL:バックエンドのACLはメニューレベルでは存在しなかったが、それを改善しました。あるユーザーグループに対して特定のメニューへの、ひいてはそのメニュー項目の全メニューへのアクセスを許可またはブロック可能にします(※)

 

(※役者補足 今まではコンポーネントやモジュール単位でのACLでした。)

 

「すべてのメニューアイテム」メニューに何があるでしょうか:全メニューアイテムの項目を一覧表示するための追加で、サイトのどこに何が表示されているかを素早く確認できます。

 

(役者補足 今までは各メニュー毎の画面内でのみメニューアイテムが確認できました。メニュー単位での細かな管理をする分には良いですが、全一覧形式ができると、複数メニュー内の項目を一度に「非公開」する等できます。ただし、別メニューへの項目の移動などの「一括処理」は、個々のメニューを選んだ上での操作になるようです)

 

重複するリンクや、欠けているメニュー項目を見つけること、サイトの全メニューの把握は容易では無かった。

 

そして更に...3.6の全様相は、GitHubのリポジトリをご確認ください。

(役者補足 3.6リリース作業のタスクリストなので、文書化されているものではりません)

サイト内検索

長押しで
スクロール