普段、多機能WEBサイトの要望を頂く際、PHPという言語で1から作るか、Joomla!というCMS(WEBサイトのベース;Contents Management System)を使っています。お客様の要望で(国内でメジャーな)最近WordPressを使いました。Yoothemeというテンプレートを用いて、同じものをJoomla!とWordPressで作ってみる機会がありました。

WordPressは参考書も多く出ていて、とっつき易さはありますが、直感的に出来そうなことが、プラグインを導入しないと出来ない、CMSの基本設計に沿わない機能については、継ぎはぎのシステム構成になってしまうなど、少々感じることが多いです。
最終的な見た目はJoomla!と同じにするようにできますが、 海外ではJoomla!のシェアも随分高いのですが、日本ではまだまだWordPressが人気です。 簡単にブログサイトを作れるツールから、WEBサイトを作るツールとして変化していますが、案外できないことが多いことに気づきました。

・作成した記事の順が日付順のみ
・メニューやカテゴリー、記事の管理画面で並べ替えしづらい
・記事の複製ができない
・ページ毎にテンプレートを変えられない
・リンク切れのページの管理ができない
・記事の全画面編集ができない
・記事の編集、投稿、表示の権限設定が限られている
・記事のカテゴリーページのURLが、http://hogehoge/category/category名となる。

などなど。プラグインという、ユーザが作成した追加機能で対応できるんですが、なんかこう、色々取ってつけたような状態になっちゃいます。
テンプレートとコンテンツの連携、記事やメニューの基本属性が足りないなと感じます。

プラグインを使いすぎると、どこかで矛盾が生じたり、使い勝手が悪くなったり。
サイトの基本設計に手を加えようとすると、「あっ、ここに影響しちゃうな」と、プラグインの存在が邪魔をしてしまいます。
WordPressのサイトは、基本機能で出切る範囲の制作に留めて、カートや独自コンテンツのみプラグインを作って対応するのがベターかなと感じました。

Joomla!で1つだけ厄介だったのは、エクステンション(WPで言うプラグイン)で、JQueryとMootoolsで作られたものを1つのページに混在させた場合の競合です。管理画面でエクステンションのロード順の調整をして対応できることが殆どでしたが、一部ソースの改修をしました。

Joomla!ha欧州を中心にシェアの高いCMSで、テンプレートやエクステンション専門の開発会社も多く存在しています。日本語の情報が少ないことがネックですね。いずれ基本編、開発編と分けて出版もしくは海外良書の翻訳をできたらいいなと思ってます。

サイト内検索

長押しで
スクロール