唐突ですが、この画像どこでしたっけ?

 この画像どこでしたっけ

と、思うことが良くあります。

昔ダウンロードした綺麗な壁紙とか、ふと目に留まった可愛い子の写真とか、この画像についての情報が知りたいということありますよね。

知識系サイトでわざわざ質問するのもはばかれるし、お父さん達の画像コレクションでは聞けない場合も。。。


で、最近更に賢くなったGoogle画像検索に聞いてみる。



■Googleのトップの検索画面で「画像」を選んで、画像入力欄に文字を入れる代わりに画像をドラッグ&ドロップします。



ちょっと待つと


なんとここまで詳しく画像の情報が出てきました。
「この画像の最良の推測結果」っていうのが最近賢くなった点です。


ファイル名から検索もかけているだろうなと思って、あえてファイル名を変えておいたんですが、それでもヒットしました。
シークレット・ガーデンっていう場所だったんですね。

検索結果のやや下には、この画像を取得したサイトも出てきました。



海外のフリーの壁紙ダウンロードサイトでした。


自分で作ったオリジナル画像が勝手に使われていないかもわかりますね。

試しに自分で撮った風景画像をいくつか試しましたが、相当特徴的な建物とかでないとダメでした。


もう1つわかったのは、画像に埋め込んだ文字(画像として描いたもの)もヒットするということです。


オーナーズ・サポートロゴ

このロゴで検索してみたんですが、なんと「〇〇オーナーズ」とか、「〇〇サポート」と描かれたロゴがいくつか出てきました。

ALTタグもTITLEタグも何も無い状態の単なる画像の文字も認識されるわけです。

Googleも、文字やキーワード、メタ情報の解析に画像まで加わえたというよりも、益々コンテンツの包括的な解析を行うようになってきたということかなと思いました。
文脈に沿った・合った画像を程よく織り交ぜてコンテンツを作るのがいいってことですね。


サイト内検索

長押しで
スクロール