小さい頃から、物を直すのが好きでした。

憧れたのは、デパートにいるおもちゃの病院のおじさん。

持って行くと何でも直してしまう。

振り返ると、物を作ることよりも、直して喜びを得られる経験というのが多かったです。

 

学生時代のボランティアでは、壊れたファミコンを直して仲が深まったり、

老夫婦の壊れたパソコンに入ってる、思い出の旅行写真を取り出して感謝されたのは、

こちらも本当に嬉しかったです。

基本的には人の役に立つ、喜んでもらえる仕事がしたいと思ってます。

 

大学院で実験用のプログラム(画面に文字を表示させる記憶テスト等)や、

ロールシャッハテストの複雑な集計用のワークシートを作ったり、便利なものを作って

喜んでもらえる経験から、パソコン系の仕事に入っていきました。

 

忘れちゃいけないのは、パソコンは単なる手段の1つということ。

別に電話や電卓でできることを一々PCでやる必要はない。

何でもかんでもネットやパソコンに持ち込んだり、そこで無理矢理何かを作ろうとすると、

本末転倒になりがち。

 

なので、仕事の方もパソコンに限らず、お客さんの役に立つものを見つける、何があれば

いいかを考える、そういうスタンスで行きたいと思っています。

 

サイト内検索

長押しで
スクロール