WEB

WordPressを久々に使ってみて

普段、多機能WEBサイトの要望を頂く際、PHPという言語で1から作るか、Joomla!というCMS(WEBサイトのベース;Contents Management System)を使っています。お客様の要望で(国内でメジャーな)最近WordPressを使いました。Yoothemeというテンプレートを用いて、同じものをJoomla!とWordPressで作ってみる機会がありました。

WordPressは参考書も多く出ていて、とっつき易さはありますが、直感的に出来そうなことが、プラグインを導入しないと出来ない、CMSの基本設計に沿わない機能については、継ぎはぎのシステム構成になってしまうなど、少々感じることが多いです。
最終的な見た目はJoomla!と同じにするようにできますが、 海外ではJoomla!のシェアも随分高いのですが、日本ではまだまだWordPressが人気です。 簡単にブログサイトを作れるツールから、WEBサイトを作るツールとして変化していますが、案外できないことが多いことに気づきました。

・作成した記事の順が日付順のみ
・メニューやカテゴリー、記事の管理画面で並べ替えしづらい
・記事の複製ができない
・ページ毎にテンプレートを変えられない
・リンク切れのページの管理ができない
・記事の全画面編集ができない
・記事の編集、投稿、表示の権限設定が限られている
・記事のカテゴリーページのURLが、http://hogehoge/category/category名となる。

などなど。プラグインという、ユーザが作成した追加機能で対応できるんですが、なんかこう、色々取ってつけたような状態になっちゃいます。
テンプレートとコンテンツの連携、記事やメニューの基本属性が足りないなと感じます。

プラグインを使いすぎると、どこかで矛盾が生じたり、使い勝手が悪くなったり。
サイトの基本設計に手を加えようとすると、「あっ、ここに影響しちゃうな」と、プラグインの存在が邪魔をしてしまいます。
WordPressのサイトは、基本機能で出切る範囲の制作に留めて、カートや独自コンテンツのみプラグインを作って対応するのがベターかなと感じました。

Joomla!で1つだけ厄介だったのは、エクステンション(WPで言うプラグイン)で、JQueryとMootoolsで作られたものを1つのページに混在させた場合の競合です。管理画面でエクステンションのロード順の調整をして対応できることが殆どでしたが、一部ソースの改修をしました。

Joomla!ha欧州を中心にシェアの高いCMSで、テンプレートやエクステンション専門の開発会社も多く存在しています。日本語の情報が少ないことがネックですね。いずれ基本編、開発編と分けて出版もしくは海外良書の翻訳をできたらいいなと思ってます。

Joomla 1.5 で 「フィードデータの 取得に失敗しました」のえらーが出た場合

Joomla1.5環境の管理画面で、「フィードデータの 取得に失敗しました」と
表示されるようになったと思います。

日本語言語ファイルで探すと、
ERROR LOADING FEED DATA=フィードデータの 取得に失敗しました

となっていて、管理画面の「Joomla!セキュリティニュースフィード 」モジュールで
参照先がないためにエラーとなっています。

新たなフィードは

http://developer.joomla.org/security/news.feed?type=rss

です。

管理画面から「モジュール管理」-「管理者」タブの一覧の中にあるモジュールです。

モジュールの編集画面を開いて、「フィードURL」を上記のものに置き換えれば
エラーはなくなります。

以上です

Joomla 1.7へのアップグレード

Joomla 1.7がリリースされました。

内容的にはバグフィックスとMootools1.3への対応が中心といったところでしょうか。

このサイトはまだ1.6のままですが、開発環境で1.6.3からの自動アップデートをしてみました。
特に問題なくすんなり1.7に更新されました。

ネットで1.7への更新が上手くできないという記事をみかけました。
更新プログラムの不具合と書いてるところもありますが、
実際のところ、【相談事例】Joomla!(CMS)のアップデートができないで書いたように、
PHPとApacheの設定不足によるのが原因だと思います。 

しばらく動作確認をした後、1.7に更新してみようと思いますが、
Mootools,JQueryを使う既存モジュール、プラグインとの相性を確認してからですね。 
あと、自動更新の場合は特に、サイト全体のバックアップは必ず取ってから行なうようにしましょう。 

JSeblodを使ってみて

お客様のサイト用に、JSeblod CCK(Content Construction Kit)を利用しました。

独自のコンテンツを導入する場合、コンポーネントを作成し、 自作テーブルの値を読み書きしています。

今回は、独自記事の投稿フォームのフィールド数が100個ほど、 パラメータがそれぞれに2~10個ほど存在しています。 自作のフォームでは工数がかかりすぎ、かつ自由度を高めると、それだけで独自フレームワークになってしまいます。
短期でコスト重視、かつ高機能という困難な対応なので、 JSeblodを採用しました。
海外を含めると導入事例も多く、機能は複雑ですが、動作的には安定してます。

さて、導入していて手間取った点があったので挙げておきます。

続きはこちら

Infoseek 楽天 iswebサービス打ち切り

楽天と一緒になったinfoseek ですが、安価なレンタルサーバプランの
iswebが2012年5月21日(予定)に打ち切りとなるようです。

日頃管理を他社に任せていたり、管理者宛メールを確認していないなどで
この通知に気づかないことが懸念されます。

月額525円というのは大変リーズナブルなプランでした。
運営側としては安いものだから終了してもかまわないだろうと思ったのかも
しれませんが、それは違うと思います。

525円の価値の(ホームページの)スペースも、一度コンテンツを構築したら
何倍、何十倍もの価値を持つ資産です。

家であれば、一度住めば占有権が発生しますが、残念ながらWEBサイトは
そうならなかったようです。

私のところにも先日移行作業のオファーがありました。

独自のショッピングカート機能を設けていて、その移行も含めて1週間程度の
作業になるかと思います。

もし同様のケースでお困りの場合はお問合せください。

※店舗の移転と同じようなもので、店内の内装(=ホームページの内容)の凝り具合によって
  時間と作業費用は異なってきます。

<追記>
なお、COOL ONLINE(正規会員)、アクセス解析サービスも同日終了予定。
メーリングリスト(有料版、無料版、モバイル版)は少し早い2012/5/10終了予定

<ソース>

iswebベーシックのサービス終了とは


isweb、COOL ONLINE、アクセス解析、メーリングリストの終了時期について


Jake Joomla!にCakePHPを組み込む(その1)

2007年頃、Joomla!にCakePHPを組み込むという試みがありました。

Jake(Joomla+cake)という名前で検索すると、ヒットはするものの、
その後続きがありません。

WEBサイトを構築するだけなら、Joomla!でほぼ全てのものは間に合います。
必要なものがあれば、エクステンション(いわゆるプラグインの総称)を作ればいいわけです。

ただ、業務アプリをサイトの中に組み込むことを考えた場合、既にあるWEBアプリを
Joomla!のコンポーネントとして作り直すのは骨が折れます。

せっかくの資産をそのまま生かしたいということで、あらためてJoomla!の中にCakePHPを
コンポーネントとして組み込む試みを始めてみました。

2007年に一番参照された記事は、ここにあります。

Finally a practical solution: Joomla with CakePHP together - JAKE
http://www.gigapromoters.com/blog/2007/02/13/finally-a-practical-solution-joomla-with-cakephp-together-jake/

(コンポーネントのダウンロード先はウィルスの警告表示が何故か出るので、ソースはコピペで書き直しました)

この記事が書かれた当時のJoomla!はバージョン1.0.xでしたので、その環境に記事を参考にしつつ組み込みました。
そちらは普通に動作するようになっています。

今現在はJoomla!1.6.3を使っているので、コンポーネントも書き直さなければいけません。
大きな違いは、Ver.1.0の頃のコンポーネントは(少なくともJake)は、MVCモデルに沿っては書かれてません。

とりあえずJoomla!1.6の環境でCakePHPで作ったアプリが表示されるとこまでは来ました。

単純に既存業務システムのテーブルを参照するアプリをBakeで書いてみた。

既存システムは、問屋さんの受発注タスクとPDFを管理するWEBシステムで、CakePHPで作って
ました。このままでもいいんですが、どうせなら問屋さんと小売店を結ぶポータルサイトに仕上げて行きたい
という気持ちがあります。

ポータルの機能を1から作るよりは、やはり基本的なWEBサイト機能はJoomla!に任せ、
中身はCakePHPでというのが良いのかと。
(受発注のシステムをパッケージ化することになれば、コンポーネントとして作り直すかと思いますが)

いずれにしても形になったら提案しようと思ってます。

以下はキャプチャですが、巣のJoomlaに単にBakeで生成したばかりのビューを表示させてる
だけなので、まだ味気ないです。Cake側のテンプレートは読み込まず、Joomla側のテンプレートデザインが
生きてます。

特定のレコードの表示。URLはこんな感じ





受注テーブルの一覧をベタッと表示させてるだけですが




今はHelperのロードでエラーになってる箇所があるので、ここはまだ直さなきゃいけません。

将来的に正式にコンポーネントとしてリリースできればいいんですが、いかんせん時間が無い。。。
やりたいことは沢山あるけど、人を雇える状態でもないので、とりあえず仕事の合間にコツコツ
制作していきたいと思ってます。

続きはまた書きますね

サブカテゴリ

サイト内検索

長押しで
スクロール