昨日のネットの記事で、「Amazonから「パスワード変えといた」メールが来た」というのがありました。
その中で、自分のアカウントが過去にハッキングされたか調べられるサイトのリンクがあり、試してみました。

Pwned websitesというもので、マイクロソフトのReginonal DirectorであるTroy Huntさんが開発しました。

Microsoft Reginonal Directorというのは、無報酬ながらマイクロソフトのために中立した立場で活動する、技術および経営のスペシャリストです。


出展) Amazonから「パスワード変えといた」メールが来た
ASCII.jp x デジタル http://ascii.jp/elem/000/001/179/1179379/


Pwned websites

https://haveibeenpwned.com/


このサイト、過去の膨大なハッキング結果をデータベース化していて、自分のメールアドレスを入力すると、過去にどのサイトから個人情報が流出したかを答えてくれるものです。


こんなにたくさんのデータがハッキングされてたんですね。
※実際のページにはこの倍くらいのサイトが掲載されてます。
https://haveibeenpwned.com/PwnedWebsites




サイトトップにメールアドレス入力欄があり、「pwned?」ボタンをクリックすると、結果が下部に表示されます。



というか、MySpace、Linkedin、Adobeで6億人超えっていいのか??

同じメールアドレス、パスワードを他のサイトで使っている場合、即刻パスワードの変更が必要ですね!


試しに、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 というアドレスを入力してみました。。。
※hogeとは、技術者がよくダミーの単語として使うものです。




なんと、tumblr.、Adobe、Linkedinなどでハッキングされてました。。。
そもそもhoge.comっていうドメイン持っている人がいたとは(汗)

ちなみに自分が過去にハッキング対策したお客さんのメアドで検索したところ、tumblrで街頭がありました。

英語が理解できる人なら、まあ問題無いサイトだと理解できると思います。

ご参考まで。

サイト内検索

長押しで
スクロール