ブログ

汎用的な劇場チケット予約購入システム

汎用的な劇場のチケット予約購入システムで、海外の有償拡張機能を利用しています。
大手の映画館や劇場のように、座席レイアウトをベースにしたチケット購入が可能で、レイアウトのカスタマイズも可能です。

続きを読む...

[Like Box]Facebook API対応に関するAddthisからの回答

2015/4/23現在、sdk.jsの使用に切り替えられ、問題が修整されている点を確認しました

何度かやり取りしつつ、最終的に以下の回答が届きました。

Facebook API更新の1/5より前には対応実装するだろうということです。


----------
Paul
APR 10, 2015  |  04:41PM EDT
Hi Saburouta,

Thanks for reaching out. We will have compatibility with the next version of the Facebook API before its release on May 1st.
-- 
Regards, 
Paul 
Chief Support Engineer 
AddThis.com
-------------------------------------------------------

Facebookの「いいね!」ボタンが5月で内部仕様変更&Addthisの対応

2015/4/23現在、sdk.jsの使用に切り替えられ、問題が修整されている点を確認しました

Facebookの「いいね!」ボタンが2015年5月から仕様が変わり、サイトに埋め込んだスクリプトの記述を変更していない場合はボタンが動作しなくなります(色々伝えられている通り)。

で、以下のようなスクリプトをご自身で埋め込んでいる場合は良いのですが、外部サービスやプラグインで埋め込んでいる場合はどうでしょう。
<div id="fb-root"></div><script>(function(d, s, id) {  var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];  if (d.getElementById(id)) return;  js = d.createElement(s); js.id = id;  js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3&appId=800883989936793";  fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, 'script', 'facebook-jssdk'));</script>

Addthisは未だ対応してませんでした。



サポートに問い合わせたところ、現在チケット(141310)登録され、次のリリースサイクルにて対応予定とのこと。

リリースタイミングについては現在問合せ中です。

当然ですが、Addthis側の対応が間に合わない場合(そんなことはないでしょうが)、このサービスで埋め込まれた「いいね!」ボタンは動かなくなります。

[2015/4/9 15:30追記]
問合せメールの返信が来て、明日のダッシュボード更新リリースタイミングで一緒に解決されるだろうとのことでした。

[2015/4/10 12:11追記]
ダッシュボード機能はリリースされていましたが、本件の修整は適用されていない模様です。

[2015/4/10 21:50追記]

再度メールして、いつFIXするか聞いております。
直接Like Boxを埋め込めばいいんですが、Addthisのサービスを利用して統計情報を収集しているお客さんの場合、なかなかその判断が難しいわけですな。。。

[2015/4/11 13:45]
Facebook API更新の1/5より前には対応実装するだろうという回答が来ました。

----------
Paul
APR 10, 2015  |  04:41PM EDT
Hi Saburouta,

Thanks for reaching out. We will have compatibility with the next version of the Facebook API before its release on May 1st.
-- 
Regards, 
Paul 
Chief Support Engineer 
AddThis.com
-------------------------------------------------------

ネットワーク上のOfficeファイルを保護ビューで開かない方法

(社内)ネットワーク上のOfficeドキュメントを開くときに「保護されたビュー」でなくそのまま開く方法です。Officeアプリのセキュリティーの設定を下げるしかないので、簡単に触れるのみにとどめます。
くれぐれも安全なネットワーク上のPATHに対してのみ設定するのが良いかと思います。

<前提>ネットワーク上のファイルサーバが \\192.168.10.1である場合の例です

1)lmhostsに192.168.10.1を適当な名前で登録(netdriveとか)

2)Officeの各アプリの[オプション]-[セキュリティーセンター]を選択

3)[セキュリティーセンターの設定]をクリック

4)「信頼できる場所」メニューを選択

5)「プライベートネットワーク上にある信頼できる場所を許可する(推奨されません)」にチェック

6)[新しい場所の追加]で、1)で登録した名前+PATHを登録(\\netdrive\public\)

 ※セキュリティー設定によっては\\192.168.10.1の直下へのアクセス権限はなく、配下のpublic以降へのアクセスが可能だなんて場合があると思います。直下へのアクセスが可能であれば\\netdrive\でもいいと思います。


 ※必要に応じてネットワークドライブを割り付けます。


<蛇足>
セキュリティーセンターの「保護ビュー」で「インターネットから取得したファイルに対して、保護ビューを有効にする」、「安全でない可能性のある場所のファイルに対して、保護ビューを有効にする」というチェックを外すだけで、保護ビューは開かなくなるのですが、これだとインターネット上に置かれた変なOfficeファイルについてはガードできなくなってしまいます。
IPアドレスベースで指定されたネットワークPATH(場所)に関しては、Officeアプリは一律インターネットとして認識してしまう(「仕様」)のようなのですが、なんかこう中途半端な、基本設計レベルのバグに思えますね。

ネットワーク構成によっては、ファイルを開くときに「接続しています...」で長時間待たされる環境もあるかと思います。
ファイルを共有してなければ、ローカルに一度ファイルをコピーして作業する方を選んじゃいますね。

以上です

Joomla!のエクステンションをまとめるにあたって

Joomla!の公式サイトに登録されているエクステンションは8900ほどあります。
私が過去に利用したものは、保管用のフォルダを漁ってzipファイルを数えたところ、130ほどです。
今後、代表的なコンポーネントを紹介していくことを計画してます。

続きを読む...

サイト内検索

長押しで
スクロール