ブラウン管型のディスプレイの頃は、スクリーンセーバーがもてはやされました。同じ画面を表示させ続けると、痕が画面に焼きついてしまうことがありました。

液晶では起きないなんて言われてましたが、焼付けとは原理は違いますが、痕が残ることがあります。

そういう時は、壁紙(背景)を真っ白なものにして半日ぐらい置いておくと案外直ります。

要は、液晶の1つ1つの結晶が寝違えてしまってるので、たまに別の向きを向かせてあげるというような

仕組みです。

 

[WindowsXP]

1)デスクトップを右クリックー>「プロパティ」を選んで「デスクトップ」タブを選ぶ。

2)「背景」の選択欄で「(なし)」を選び、右下の「色」で白色を選びます。

[Windows7]

1)デスクトップを右クリックー>「個人設定」を選ぶ。

2)右下にある「デスクトップの背景」をクリックして、「画像の場所」で「単色」を選び、白を選択します。

 

ではでは

 

サイト内検索

長押しで
スクロール