技術情報

xamppのphpMyAdminだけバージョンアップする

今利用している開発環境は、ローカルPC,仮想PC3種類、レンタルサーバ内などあるんですが、ローカルPCに入れているxamppで利用しているphpMyAdminをバージョンアップする必要が出てきました。

MySQL自体のバージョンは今のままでOKなんですが、UIの確認用にです。

基本的には本家からphpMyAdminの最新版をダウンロード・解凍して、xampp\phpMyAdminと置き換えるだけです。
ただ、新機能用にコンフィグファイルを作成する必要があり、それをphpMyAdminのセットアップ画面で行う方法を簡単に書いておきます。

続きを読む...

WIMAX内蔵PCをルータ化し、有線でも無線でもネット共有可能にしてみました

WIMAX接続環境にあるPCをルータ化するという記事を結構見かけます。

最近のモバイルルータも高速化されてきたので、FTTHやADSLをやめてWIMAXのみにする人も多いようですね。

ふと、もしブロードバンドの回線障害でネットに繋がらなくなった時に、開発環境が維持できるか気になったので、あえてWIMAXのみで環境を構築してみました。



■環境
(1)ノートPC
  ThinkPad X121e (WIMAX 6250内蔵、Atheros AR8151 PCI-E Gigabit Ethenet)
  Windows7 64bit

(2)ATX機(自作)
  Windows7 64bit
  Gigabit Ethernet x1

(3)無線LANアクセスポイント
  Logitec  LAN-PW150N/R

(4)スイッチングHUB(ギガビット)

という構成です。 

WIMAX内蔵ノート(1)にUSB型の無線LANアクセスポイントを取り付ける方法も試みてみましたが、150Mbpsとはいえ、有線のギガビットLANにはかないません。デスクトップPC上にSubversionのリポジトリがあるので、数百メガのファイルをコミットする際には有線LANが必須になるので、ノートとデスクトップの間は有線LANを確保しました。

※ちなみにノートPCで無線LANを使ったICSを構成する時は、LogitecのLAN-W150N/U2で動作できました。
  64bit版Windows7対応で、アクセスポイントとしても動作します。

有線LANはそのままに、インターネット用にのみwifiを使うという選択もありますが、VPN接続やらVMWareの仮想ネットワークやら、複数ネットワークが混在してるので、更に増やす選択はしません。

■基本的なネットワーク構成
 
まず、ノートPCのWIMAX(ローカルエリア接続2)と、有線LAN(ローカルエリア接続)でICSを構成してます。
特にいじらず、有線LAN側のIPアドレスも192.168.0.1のままです。

ICSを構成すると、共有してもらう側(有線LAN側)のIPはDHCPで割り振られるようになります(デフォルトで192.168.0.1)
また、この設定が有効になった時点で、同一LAN上のデスクトップPC(固定IPでない)には192.168.0.xのIPが割り振られます。

この時点でデスクトップPCからもインターネット接続が可能になります。 

(「ネットワークと共有センター」 上のネットワークの種類はすべて「パブリックネットワーク」で、ファイアウォールもデフォルトのままです)

 ■iPhone用に無線LANのアクセスポイントを用意

デスクトップPCにもUSB型の無線LAN子機を挿してICSと思ったんですが、このままだとデスクトップPCからVPNの接続ができず、また、有線<ー>無線の変換のロスも避けたいので、別途ルータを設けました。

画像右下のやつです。 

ルータモードでそのままWANポートをハブにつないでます。
WAN側IPはデスクトップPCと同じくノートPCのICSが用意したDHCPにより割り振られます(92.168.0.186とか)。
LAN側についてもルータのデフォルトのままにして、WPS2-PSKでアクセスポイントとして動作させてます。

これで、iPhoneからもWIFI経由でインターネットアクセスが可能になりました。

ハブでもWIFIでも追加機器の対応がすぐできます。

有線LAN内はギガビットのファイル転送が確保できて、デスクトップPCを経由しないで無線LAN接続もできるので、まあまあ速い通信速度が得られました。

これで不安定なフレッツ光が使えない時も大丈夫な環境ができあがりました。 
むしろ、フレッツが不要な気がしてきました。。。

I・O DATAのmAgicTVが著作権保護エラーで起動しない事例

1年前に引っ越す時にアナログTVを処分して、それ以来はPCにチューナーを繋いで見てます。

とはいえ殆ど見ないので、安いI・O DATAのカードを使ってるんですが、突如「著作権保護エラー」で映らなくなりました。

チェックツールで見てみると、グラフィックカードがCOPPに対応してないとの表示です。

ちょっと前まで映ってたし、カードのドライバも更新してない。

最近なんか入れたかなと思ったら、GOM Playerをアップデートしてました。

その際に各種コーデックを入れるオプションを着けたんですが、多分それが原因かな。

(あれこれ試したので完全に問題の特定はできてないんですが)

あまりコーデックやグラフィックドライバについて詳しくないんですが、復旧する前にやった操作はこれ。

環境はWindows7 64bit + Geforce 9800GT+LCD-MF221XBR-A(I・O DATA)

1)新しいユーザアカウントを作成
2)mAgicTVを起動

=>ここで、ffdshowのダイアログが出て、「mAgicTVから呼ばれてるけど、どうする?」みたいなメッセージが出ました。
=>「使わない」というような(うろ覚えですみません)選択をしたら、そのアカウントで映るようになりました。

その後は元のアカウントでも再生されるようになりました。

あとやったことといえば、

DVI->アナログ変換コネクタを使ってグラフィックの出力をアナログにしてみて、元に戻す

ということぐらいです。

根拠はないんですが、magicTVはデジタル出力とアナログ出力でロジックが異なるので、切り替えたら何かしらリセットされるかなと。

何で新規のアカウントの時だけFFDSHOW呼出しのダイアログが出たのかも良く分からないんですが。。。

GOMPLAYERも割とメジャーですし、同じような事象に出くわしてる人もいるかな。
一応情報共有のためにお伝えしておきます。

 

WEBサイトのエビデンス管理でTrac&fulmoを使うと、コストが1/3に

WEBサイトを開発する際、デザイナーさんとディレクター、あるいは開発者の間で画面キャプチャを基に会話が為されることがおおいと思います。

試験フェーズでは特に多くなります。けど、本来画像があったほうがいいのに、手間を惜しんでついつい文章だけのバグ管理になってしまいます。 
エビデンスは大事だと思いつつも、記録に張り付けるわけにもいかず、別途資料として管理するのも大変ですよね。

私は普段PHPによるWEB開発を行う際に、Eclipseを利用して、課題やバグ管理はTracで行っています。
Eclipseのプラグインで、Tracに対してXML_RPC経由で課題登録できるからです。

今まで課題管理する際に、課題の個票に画像ファイルを添付して、別途画像のキャプチャをWikiフォーマットで本文に展開して。。。なんてことをやっていました。

結局手間で、Excelにマクロでペタペタ張り付けてなんてこともやっていたんですが、記録として後々見るのがうんざりします。


どうしたもんかということで、fulmoというTracと連携するChromeやFirefox向けの拡張機能を使います。

これは、閲覧しているWEBページの任意の範囲を切り取って、その画像を基にして直接Tracにチケットを登録してくれるものです。


こんな感じです
右上の添付画像はfulmoというブラウザのプラグインでキャプチャして自動で取り込まれたものです。

Trac&fulmoによるテスト管理


以下簡単に紹介させていただきます。

続きを読む...

サイト内検索

長押しで
スクロール